その他ポイ活 PR

【2023年】ポイ活投資1年目の成績公開

記事内に商品プロモーション(Amazonアソシエイト含む)を含む場合があります

2023年も残すところあと2ヶ月。2022年11月からキャッシュレス決済とポイ活で貯めたポイントやキャッシュバック金額をオルカン(@SBI証券)やポイント運用に投入する「ポイ活投資」を本格再始動して1年が経ったので運用成績を公開します。

ポイ活投資1年経過時の運用成績

2023年10月29日現在:

銘柄名評価額(A)運用益(B)元本(A-B)%
eMAXIS Slim全世界株オールカントリー961,009円+53,560円907,449円+5.90%
永久不滅ポイント運用(アメリカ株)122,726円△3,845円126,571円△3.03%
楽天ポイント運用(アクティブコース)5,027円△173円5,200円△3.33%
dポイント投資(米国大型株)9,402円△519円9,921円△5.23%
合計1,098,164円+49,023円1,049,141円+4.67%
証拠画像はこちら

9月時点ではオルカンだけで運用益が10万円ありましたが、その後の株価下落で全体の運用益は+4.67%です。

集計方法
  • ポイント運用:永久不滅ポイントは1P=5円、楽天ポイントとdポイントは1P=1円で換算
  • SBI証券で利用できないポイント(楽天ポイント・dポイント):つもり貯金ならぬつもり投資として現金で積み立て、ポイント自体はクレカ支払いや日用品の買い物で消費。
  • ※途中から楽天とd通常ポイントで運用開始しましたが、投入不可の期間限定ポイントは引き続きオルカンで同額を現金購入

ポイ活投資とは別に積立投資している金額はカウント対象外

  • 例1: 楽天POSAカードで楽天証券で積み立てている分(POSAカード購入資金)はカウント対象外。POSAカード購入で獲得したポイント分をポイント投資資金としてカウント。
  • 例2: SBI証券でオルカン以外の商品買付分は対象外。待機資金を円普通預金や定期預金口座に預け入れて得た金利はポイ活投資資金としてカウント。

種銭58万円からスタート。ポイ活による年間入金額は46万円

元々は生活をミニマム化したくて数年前からゆるくメルカリ出品していて、メルカリ出品できない類の物を整理しようと重い腰を上げたのが2022年秋。

  • デパート商品券や海外旅行で余った外貨や米ドルをチケットショップで換金したら32万円に金額になった(メルカリ売上金と合わせて58万円:自宅の「かくれ資産」を集計したら58万円になった)。
  • クレカポイ活や銀行の優遇金利に釣られて、投資の勉強をしようと開設したまま放置しているカードや口座を解約するつもりで手続き方法を調べていたら「銀行ポイ活」、「ポイント投資」「ポイント多重取り」を知る。
  • Amazonブラックフライデー(11月下旬)を皮切りに年末年始商戦に向け、Amazonギフト券・その他バーコード決済へのチャージで高還元キャンペーンが多数実施され、波に乗れた。
  • 地元スーパーがバーコード決済に対応開始。PayPay自治体応援キャンペーンに初参加してキャッシュレス生活を愉しむきっかけに。
イノベル

ポイ活1年で46万円増やしたよ

チェック!

【メルカリ紹介コード】MHNRQV 

ポイ活①:11万円→銀行の優遇金利キャンペーンを渡り歩く

給与は長らく通預金口座に放置していたので、ポイ活投資とは別にインデックス投資で長期運用することに。一気に買い付けるのが怖かったのでSBI証券の毎日積立設定で少しずつ資金を移動しつつ、順番待ちのキャッシュを短期の定期預金や金利が高めの口座へ移動。私が利用したのは以下の3件

これらの金利だけで年間約11万円になりました。島根銀行スマートフォン支店一周年を記念して3ヶ月もの円定期預金が1%のキャンペーンが11月末まで実施中で現在預入中です。

島根銀行スマホ支店の円普通預金は年0.25%でauじぶん銀行より高いので、満期後は投資積立待機資金を預入れ、生活費など入出金が多いキャッシュは他行振込手数料無料回数が多く、使い勝手の良いauじぶん銀行を引き続き使っていく予定です。

チェック!

ポイ活②:12.5万円→クレカ修行360万円相当分(チャージメイン)

昨今のポイ活事情を調べていくうちに、高還元のクレジットカードからチャージしたプリペイドカードを使ってPOSAカードをコンビニで購入。POSAカードをチャージして投信積立にも使えるという情報を入手。

200X年に私が社会人になった頃のクレカポイ活は買い物での消費が前提だったので衝撃的でした。ポイ活に拍車が掛かります。

活用したクレカ修行:

  • 三井住友カードゴールドNL:年間100万円利用で1.5%還元(通称100万円修行)
  • Tカードプラスプレミアム:入会後4ヶ月間4.5%還元(上限なし)マスターカードを発行して三井住友と同ルートで楽天POSAカード購入 ※現在は同内容のキャンペーン実施なし
  • ファミマTカード:入会後5ヶ月間3.5%還元(上限25万円まで)
  • 三井住友カードプラチナプリファード:入会後3ヶ月間40万円以上の利用で4万ポイント(現時点ではチャージのみでポイント付与待ち) VISAブランドのみなのでKyashへチャージ

利用総額約360万円の内訳は

  • 楽天POSAカード購入:約220万円
  • IDAREチャージ:100万円
  • Kyashチャージ:約40万円

当初は三井住友カードGNL修行のみの予定でしたが、ファミペイルートで楽天POSAカードがお得に買える新たなルートが誕生。楽天キャッシュの保有残高上限がないことをカスタマーセンターに確認のうえ、POSAカードを買い増し。

  • 現在ファミペイPOSAカード1.5%還元から楽天POSAカードは対象外
  • JCBブランドのクレカ→ファミペイチャージ→POSAカード購入でクレカポイント+ファミペイボーナス+0.5%還元お得に
  • 月間チャージ上限は2万円、ファミマTカードは本来100万円ですが、フィッシング詐欺防止で現在10万円に制限中(公式サイトFAQより)

現在はau PAYへのチャージ上限が月間5万円までに制限されているので再現する場合はKyashへのチャージボリュームが多くなります。(Kyashの残高上限は100万円)

参考:Kyashはポイント多重取りに必須のハブカード。最大3.2%も

チェック!
  • 三井住友カードゴールドNL(公式サイト) 条件達成で最大9,000P
  • 三井住友カードプラチナプリファード(公式サイト)条件達成で最大58,000P
  • 友達紹介特典を活用すると上記に加えて追加でVポイントプレゼント。(ゴールド:2,000P; プラチナプリファード:1万P)SNSやブログでの拡散NG案件なのでX(Twitter:@may_cozyLIFE)でDMをいただければ紹介URLをお知らせいたします。
  • ポイントサイト案件:どこ得でポイントサイト横断検索

ポイ活③:12万円→楽天経済圏の活用

2023年のポイントは10月末時点。2022年の11〜12月分も含めると年間獲得ポイント数はおよそ12万ポイント。楽天ふるさと納税のほかこの1年間の大きな買い物は

  • ベッドマットレス買い替え
  • ノートPC新調
  • iPhone買い替え

です。2020年までは楽天市場での買い物を別のクレカを使っていたのですが、2021年以降は楽天市場での買い物は楽天カードに変更、SPUを意識した使い方に変更したらポイントが激増しました。

期間限定ポイントは地元のスーパーで使えるのはありがたい反面、大量買いした楽天キャッシュが中々減らない。ポイント消化のために?楽天モバイルに乗り換え、SPUは9.5倍です。

楽天ポイントを楽天Payで使うには
  1. 楽天Payアプリ起動
  2. 右下の「設定」(QR読み取りボタンの上)をタップ
  3. 優先設定で「ポイント優先」を選択(設定を保持したい場合は「次回もこの設定を使うにチェック)
  4. OKで閉じる

毎月5と0のつく日に街のお店で楽天Payを使って楽天ポイントを利用すると2%(通常は1%)還元になります(楽天Payアプリ内のキャンペーン一覧から毎月要エントリー)

ポイ活④:3.7万円→銀行ポイ活、投信クレカ積立(楽天以外)

銀行ポイ活(約2万円)、投信クレカ積立(約1.7万円)は段階的に増やしていったので1年経過していないものもあります。

銀行ポイ活詳細(【年間4万円】「銀行ポイ活」おすすめ9選

ポイ活⑤:3万円→ポイントサイト(ハピタス)活用

証券口座、銀行口座、クレジットカード発行、ECサイトでの買い物をポイントサイト経由で行うと追加でポイント獲得できます。

獲得できるポイント数はポイントサイト毎に異なり、タイミングによっても変化するので申込の際は最新の情報を確認してください。どこ得で検索するとその時点で各ポイントサイトが提供するポイント数を横断的に確認できます。およその目安は

  • 証券口座開設:1万P前後(FX口座だと高め)
  • クレジットカード発行:1,000P前後
  • ECサイト利用:1%前後

都度で最高値のポイントサイトで作成しても良いですが、ポイントがバラけると交換まで時間が掛かるので80点を目指してある程度集約した方が良いです。私はいろいろ試しましたが、楽天市場などのECサイト利用はちょびリッチ(ランク制度による還元率アップが狙いやすい)、口座開設やクレカ発行などはハピタス(高額案件率が高い)に落ち着きました。

ポイントサイトの比較については追って記事作成予定です。

よろしければご活用ください。

ポイ活⑥:3.8万円→その他キャッシュバックなど

PayPay自治体応援キャンペーン:PayPayデビューのきっかけイベント。15%還元で日用品をお得に買い物させて貰いました。コロナ禍で外出制限の中、楽しくお得にキャッシュレス決済の勉強ができ、感謝しかありません。

あおぞらデビット利用キャンペーン:あおぞらデビットでAmazonやPayPayを利用すると6%還元(現在実施なし)→PayPayにPayPayカード以外のクレカやプリカを紐づけて決済する方法を習得。その後コンビニでのデビット利用で6%還元キャンペーン(私は参加せず)を実施したので今後のキャンペーンに期待。

三菱UFJデビット(JCB)キャンペーン:Amazon、Apple Pay/Google Pay利用で最大1万円キャッシュバック→古くからあるJ-Debitじゃない方のデビットカード認知と使い方を習得

その他IDAREボーナスポイント(2%)、Kyash(0.2%)、Toyota Wallet(1%)利用ポイントなど

まとめ

スマホ決済と企業努力でキャッシュレス決済が急加速

iPhoneのサポート切れにより長らく使用していた機種をやむ無く変更したことを機に昨年モバイルSuicaとApple Payデビューしたのですが、何よりカードレス決済の便利さに感激しました!

元々Pay系普及前からSuicaやクレジットカードで少額決済していたいので早くから財布は小型化、小銭の出し入れ不要の便利さは体感済。カードの出し入からも解放され、(財布なし)スマホだけで外出できることが衝撃的でした。

キャッシュレス促進するべくau PAYやPayPayへのチャージ、タッチ決済、デビットカード利用でポイント還元やキャッシュバックキャンペーンを展開してくれたお陰でめんどくさがりの私でも試してみるきっかけになりました。

とはいえチャージ系ポイ活はほどほどに。出口戦略はよく考えて

楽天証券POSAカードでチャージした楽天キャッシュは楽天証券への積立(毎月5万円)や一部楽天Payで消費し、現在の残高は約170万円。

当初は地元スーパーがちょうど楽天Payに対応したので食料品の買い物で月2〜3万円ペースで消費する予定でしたが、SPUの期間限定ポイントの消費が思いのほか大変で楽天キャッシュ残高が中々減らないのが誤算でした。このペースだと楽天キャッシュ、IDARE、Kyash残高を消費するのに3年くらい掛かります。

チャージ残高には利息が付かないので1年程度で使い切れる額に留めておくことを強くお勧めします。

ちなみに300万円をauじぶん銀行(円普通預金金利税引前年0.2%)、島根銀行スマートフォン支店(同0.25%)に1年間預金した場合の金利は約4,800〜6,000円です(利息に係る税金は簡便的に20%で計算)。

ポイ活投資2年目はNISA活用とチャージ残高半減が目標

2024年からNISAの年間投資額が360万円に引き上げられたので、NISA枠の一部をオルカンでポイント投資、残りを別商品でクレカ積立や現金購入していく予定です。

加えて、300万円あるチャージ残高を無駄遣いせず楽しく賢くポイ活投資する方法を探求していきたいと思います。(2023年12月以降、楽天SPUの改悪されるので、楽天市場での決済は楽天カードから楽天キャッシュに切り替えることにしました)

ポイ活投資は副業の第一歩?!こちらの記事もご参考に:

関連記事:【2023年】これから伸びる副業30選まとめ|自分に合ったものを探そう!

お得なキャンペーンあれこれ

お得なキャンペーン

TikTok Lite紹介URLからアプリDL&10日間毎日チェックインで最大5,300円。攻略法

楽天銀行■1,000P①キャンペーンページから紹介コードを入力して口座開設②入金期間中にハッピープログラム申込③入金期間中に口座へ入金(金額不問)

【楽天銀行紹介コード】P39954768

三井住友カードプラチナシリーズ■紹介URL経由の新規発行で公式特典に加えて1万Vポイント還元。ポイントサイトよりお得!対象カード:①プラチナ②プラチナプリファード③ビジネスプラチナカードfor Owners(ゴールドシリーズは2,000Pです)拡散NG案件のため、希望の場合は問い合わせフォームまたはX(twitter: @may_cozyLIFEまでご連絡ください。毎月先着5名まで。詳細記事

■三井住友銀行Olive■2,000P①キャンペーン特設ページから招待コードを入力してエントリー②アプリから申し込み③契約日の翌月末時点の円預金残高が1万円以上④①〜③の条件達成した翌月末までに1,000P付与⑤Olive通常特典(新規口座開設)1,000P(上記②〜③で達成)

【Olive紹介コード】FF27976-4628734

バンドルカードクレカ修行&ポイント多重取りに必須のハブカード。招待コード入力&1,000円以上の入金で200円。Kyash封鎖後の活用に。

【バンドルカード招待コード】784anh

B/43家計簿機能つきプリカ。主要公共料金引落可。紹介コード入力&1,000円以上入金で300円。

【B/43紹介コード】Z7M35O

みんなの銀行■最大4,500円キャッシュバック①招待コード経由の口座開設で1,000円②給与・賞与受取設定で3,000円(5/31まで)③3ヶ月間貯蓄預金金利1%③他行から1万円以上入金&デビットカード利用でもれなく500円(25歳以下限定特典:3/31までに口座開設後30日以内の利用)

【みんなの銀行紹介コード】GnWgyHBO

■みんなの銀行×大和コネクト証券■最大2,000円キャッシュバック(5/31まで)①大和コネクト証券アプリからみんなの銀行口座を「クイック入金」登録②入金額の10%をキャッシュバック(2万円の入金まで)※上記新規口座開設と併用可

■Audible■Amazon「聴く読書」最初の30日間無料(対象者のみ)

■楽天モバイル■最大13,000P ①紹介URLからログイン&新規プラン申込②Rakuten Linkアプリから10秒以上通話 ※電話番号そのまま乗り換え(MNP)→13,000P。乗り換え(MNP)以外で新規申込→6,000P

■他案件■ >>もっと見る